海外で学ぶ中高生の皆さま

  • TOP
  • 海外で学ぶ中高生の皆さま

編入先としてのAIE国際高校
「淡路島から世界へ」

家族の事情などで、海外から日本に帰国が必要になった中高生は、日本の中学や高校に途中入学をする必要があります。帰国後、学習環境の違いに戸惑うこともあるかもしれません。
海外で得た貴重な経験、身につけた語学力、積極的な学習姿勢を活かして、
日本でも継続して学びたいあなたにおすすめの学校です。

転入学/編入学(随時受け入れ)

海外の学校から入学を希望される方は、「編入学」としての受け入れになります。外国における9年生の課程を修了した方が対象です。詳しくは、募集要項をご確認ください。

こんな人におすすめ

  • 海外から帰国し、進学のために日本の高校卒業資格が必要
  • 身につけた英語力をいかしたい
  • 自分の状況にあった対応をしてほしい
  • 日本の高校になじめるか不安
  • 将来海外に進学、就職したい

海外からの編入学の特色

●現地高校の在籍期間、成績等を考慮

―修得済み単位の単位換算
⇒(例)アメリカの高校11年生の途中で帰国。高校2年生として途中編入。

―必要に応じて前籍校に問合せ、成績認定の判断
⇒(例)カナダから帰国し、途中編入。修得済み科目の学習範囲や大学入学に必要な単位数等を考慮し、単位認定の可否を判断。

●英語を使う環境を維持

―探求、コミュニケーションを重視する授業
⇒(例)「勉強をしなければならない」という焦りから解放され、「知る喜び」に気づく。自分の新たな側面を発見。

――Content-based instruction(内容を重視した外国語教授法)
⇒(例)英語を学ぶだけでなく、学習を進めるためのツールとして英語を使用することを通し、言語習得を目指す指導法。

●少人数制できめ細やかな対応

―日本語で緻密に考える習慣
⇒(例)第2言語のベースとなる第1言語(日本語)力を、読書やディスカッションを通してしっかり伸ばすことで、一段上の英語力を目指す。

―苦手科目もサポート
⇒(例)国語や日本史など、進学のために必要な科目があれば課題を決めてしっかり対策。

Voice(卒業生の声)

「自由な考え方を大切にできる場所」

「自由な考え方を大切にできる場所」
渡辺 岳君
東京都中野区出身
2017年卒業 更なる英語力アップに向けて勉強中

僕はこの学校に来る前は、香港で生活をしていました。香港の高校では、僕は大学受験だけを目標にした、偏った学習をしていました。日本にいつ帰国するか分からず、大学に入れば後の人生は順風満帆、といった考え方にも疑問を持っていて、学校にいくこと自体が意味のないように思え、一日一日を悶々と過ごしていたような気がします。
初めてAIEを訪れたとき、温かい雰囲気や優しく接してくれる先生たちにひかれました。僕は「受験勉強のためだけに頑張ることにはうんざりで、もっと自由な考え方を許してくれるところを求めている」と伝えました。先生は「そういった考えは大切で、ここでは大いに受け入れられている」と教えてくださり、ほっとしました。
香港から通信での勉強で困ったとき、初めてスクーリングに臨んだとき、先生方の支えや、色んな背景を持ちながらもこの学校に来て頑張っている生徒たちにいつも励まされました。
今は英語力アップを目指して勉強しています。高校生活中に英検1級に合格しましたが、これからも好きな英語の仕事に就けるよう、力を伸ばしていきます。高校は卒業しますが、ここでの時間を無駄にしないように、これから生きていきたいと思います。

出願から入学までの流れ(転入学、編入学)

1.出願

(出願期間)随時
 ※年度末に近づくとスケジュール上、単位認定が難しい場合があります。できる限り早めにご相談ください。

お問い合わせ

2.書類審査

(本人用意)願書、作文
(前籍高校)単位成績証明、在籍期間証明※Transcriptの記載内容による

資料請求

3.面接

(選考日)出願から7日前後。書類到着後に個別にご案内します。

4.合格発表

(発表日)選考日から7日前後。
(合否通知)出願書類に含まれる返信用封筒の記載住所に郵送します。

5.入学手続き

指定期日までに学納金を納入してください。

6.学習開始

「スタディーガイド」「教科書」「タブレット端末」をそれぞれ別便で送付します。