<在校生のみなさん>AIE夏期体験留学のご案内

Breaking out of your comfort zone(コンフォートゾーンを打ち破ろう)

26回夏期体験留学のテーマはBreaking out of your comfort zone(コンフォートゾーンを打ち破ろう)です。

日ごろ慣れ親しんだ居心地のいい環境から飛び出し、これまでの経験が通用しない状況に身を置くことは、大きな挑戦です。

しかし、この慣れない環境の中で、新しいことにチャレンジすることは、大きな達成感と、新たな視点を与えてくれるはずです。

また、環境に主体的に関わるアクティブラーニングを通して、異文化体験を知的に捉え、学びを深める機会にしましょう。

留学から帰ってきた時に、きっと大きな成長を実感できるはずです。

 

期間:2019722日(月)~83日(土)

滞在先:セントマーチンズ大学(SMU)/米国ワシントン州シアトル近郊

参加対象:中学生・高校生

募集定員:16

プログラム内容:英語集中クラス(SMU)、シアトルツアー、ホームステイ、レニア山トレイル、キャンパスアクティビティー等

締切:第1次締切 2019427日(土)/ 第2次締切 2019514日(火)

 

  

 

Students’  Voice 

アメリカに見る奉仕の精神

僕はビルゲイツなど、実業家の慈善活動に代表される人に 分け与える精神や、社会的に強い者が弱者を助ける精神に 興味がありました。留学中にも、レストランで若い女性の店 員さんが、お客さんから渡されたチップを受け取らず、難民 のための募金箱にチップを入れるようお客さんに促す風景 が心に残っており、アメリカの寄付文化の根付きを痛感しま した。(高校1年)

 

知られざる日系人の功績

シアトルにある観光地、パイクプレイス・ マーケットは、元々日本からの移民、日 系人の方々の多大な貢献によって栄えていたそうです。彼ら は世界大戦で収容所に入れられ、その後日系人の方のお店 はありませんが、切り絵となって、その歴史がしっかりと市場 の入口に遺されていたことに驚きました。(高校2年)

 

アメリカの多様性

スターバックスの焙煎工房、ワシントン州 歴史博物館で見つけたトイレ表示には、 男性と女性の区別がありませんでした。LGBT(性的少数者) の方にも開かれた場所なのだそうです。最初はとても驚き ましたが、アメリカの多様性を感じる看板でした。(高校1年)

   

チャレンジだったホームステイ!

ホームステイでは、英語を話せる先生もいなくて、仲間も同じ中学1年で頼れなかったので、伝えたくてもどう言えばわからないときに、知っている単語と身振り手振りで何とかホストファミリーに気持ちを伝えた。理解してもらえた時のうれしさはたまらないものだった。留学のおかげで英語にとても関心を持つことができて良かったと心の底から思った。(中学1年)

 

自分の新たな一面を発見!

突撃インタビューでは、勇気を出して1人目のアイスクリーム屋さんの女性に声を掛けました。すると、緊張しながら質問する私の英語に耳を傾け、にこやかに答えてくれた時は、とても嬉しく爽快な気分でした。この方へのインタビューをきっかけに私の不安は吹き飛び、あっという間に10人の人へのインタビューが終わりました。不安だったこのアクティビティーが私の中で1番楽しいアクティビティとなりました。苦手だったことが克服できたと感じた瞬間でした。(中学2年)

 

 大学の授業を体験!

大学の授業は話し合いが多く、とても活発な雰囲気でした。授業を受けながら、いかに記憶するかではなく、いかにそれぞれのテーマに対して自分の意見を持つかが大事であるという実感がわきました。体験留学を終え、改めて、世界は広い、日本に留まっていては勿体無いと感じています。(高校1年)

 

 

 夏期体験留学説明会

第1回 2019年3月10日(日)13:00~13:40 @AIE国際高等学校本校

第2回 2019年4月21日(日)13:00~13:40 @AIE国際高等学校本校

 

※詳細につきましては、AIE国際高等学校本校までお問い合わせください。(TEL:0799-74-0020)