留学・英語に興味があるあなたへ

  • TOP
  • 留学・英語に興味があるあなたへ

国際的志向を高める

AIEでは、グローバルな時代にあって、広く世界に関心の目を向け、国際社会の一員になろうとする“国際的志向”を育てます。母国をしっかりと理解しながら、異なる国との関わりを学ぶ能力を高めるのが目標です。
言語学習においては、情報がボーダレスで飛び交う世界で「通じる英語」を目指し、相手から発信されるメッセージを的確に理解する「受信力」、そして、それに反応し相手と理解を深める「発信力」の双方向の力をつけます。

提携大学と協力:AIEの留学プログラム

冬期体験留学

シアトルの街が華やかなイルミネーションに彩られる12月、米国ワシントン州のセントマーチンズ大学との共同運営で、約2週間のアメリカ文化体験プログラムを実施しています。大学から紹介される同大学の卒業生や教会コミュニティーの方々が、ホストファミリーとして、留学生を温かく迎えてくださいます。大学での特別講義が受けられることに加え、クリスマスというキリスト教徒にとって特別なシーズンに、ホストファミリーがホームステイを受け入れてくださるのは、本プログラムならではの特色です。
※バナーリンク 提携大学:セントマーチンズ大学

正規留学

AIE国際高校の母体のAIEは、米国ワシントン州にて学生寮を運営し、提携大学と協力して、日本人留学生の正規留学をサポートする「レジデンシャルプログラム」を運営してきました。
正規留学とは、学位取得を目指す留学で、現地の学生と対等に勉学をこなし、単位を修得していきます。アメリカの大学で留学生が学位取得をするためには、高い語学力と留学を耐え抜く精神力が必要で、一般的には成功率は20%ほどと言われています。AIEレジデンシャルプログラムでは、日本からの留学生のうち、90%以上が学位取得を達成しています。
各大学で規定されている英語力等の基準と、AIEからの推薦基準を満たした生徒は、アメリカのAIE提携大学に進学することができます。

ワシントン州 

ハワイ州 

英語学習プログラム

English Theater英語劇発表会

毎年秋に英語劇の発表会を行います。英語で書かれた台本を用いて、生徒同士で話し合い、劇の演出を決めます。劇全体を通じて伝えるべきメッセージや、作中の登場人物の感情の動き、時代背景や場所など、学生ディレクターを中心に話を煮詰めていきます。
英語のセリフの内容理解や発音は、上級生がサポートします。セリフの意味や背景を解釈するために、英文を何度も読み直し、実際に演じ始めるとさらに新たな視点から見直すことになります。演劇の練習を通じて、生きた英語の読解力と発話力を身につけます。

異文化交流

提携大学との交流による教職員の来校や、地元の異文化交流事業との連携で、海外からのゲストと英語を使って交流する機会があります。
※年によって、プログラムは異なります。

多彩な講師陣によるスクーリング授業

日本人教員による文法、リーディングと、ネイティブ講師によるリーディング、ライティングで構成されている英語授業は、週5日コースの場合、平均で週10時間あります。英語で学ぶイマージョンプログラムも一部科目で取り入れており、生徒によっては英語で学習する時間を、さらに増やすこともできます。
また、海外留学等で英語経験豊富なスタッフが多く、授業の内外で、生徒の「英語力を伸ばしたい」気持ちをサポートします。

英語学習に関するQ&Aコーナー

“バイリンガル・ティーチャーMs. NakajimaのHow to study English“

Q.英語の発音がうまくできません。どうしたらいいですか?

発音で悩むのが「r」ですよね。それでは、とにかく「r」の前に「ウ」をつけて言ってみましょう。ウサギ「rabbit」は、「ウラビット」と言ってみてください。そうです。その時の感じが「r」の発音です。
 これは発音の質問ですが、英語らしく聞こえる、ちゃんと伝わるために発音を良くしたいという意味での質問だと思いますので、それなら、イントネーションを良くした方が、ちゃんと伝わります。英語の文章を聴くと、必ずゆっくりはっきり強く言っている部分があります。文の中に、歌のサビみたいに山があります。英文のCD等を聴きながら、全体的に強く話している所をキャッチしてください。そして真似しましょう。英語のリズムを身につける練習になります。英文の強弱、イントネーションがしっかりしていれば、あなたの英語は伝わります!!!頑張ってください!

回答者:中島 陽子>
AIE国際高校 副校長 言語指導スーパーバイザー
保育園、幼稚園時代を米国オレゴン州ポートランド、小学校時代をワシントン州シアトルで過ごす。
Pacific Lutheran University文化人類学科卒。
幼児英語から英検1級、TOEFL、東大京大受験指導まで英語指導実績多数。
チャーチル杯争奪全日本高等学校生英語弁論大会(青山学院大学・関西学院大学 主催)元審査員

※「Ms. NakajimaのHow to study English」の最新版は、季節ごと発行のAIE High Headline(エーアイイーヘッドライン)に掲載しています。資料請求いただいた方に同封しています。

Voice(卒業生の声)

「大事なのは、考え続けながら前に進み続けること」

「大事なのは、考え続けながら前に進み続けること」
段上 真美さん
広島県福山市出身
2016年
ピアスカレッジ
(米国ワシントン州)に進学

私は以前通っていた学校には、窮屈な雰囲気を感じ、馴染めませんでした。そして「何のために勉強をするのだろう」とずっと考えていました。
この学校にいた3年間の間に、人間関係や自分の性格など、色々なことに直面し悩みました。そんな時、高校で「完璧なことはないから思いっきり失敗して良い。大事なのは、考え続けながら前に進み続けること」と教えてもらいました。また、同年代の人達や先生と話すことで、一つの物事に対して色んな視点があるということや、誰かの意見に必ず答えがあるのではなくて、自分がどのように考えるかが大事なのだと学んだことは、自分の目線でしか物事を捉えられなかった私に幅を持たせてくれました。
卒業後は、アメリカの大学に留学します。留学を決意した一番の理由は、自分の常識が通用せず、母語も通じない海外の厳しい環境の中に身を置いて、自分が無意識に決めている限界に挑戦したかったからです。そしてその挑戦の中で経験するであろうたくさんの失敗や気付きを学びに変えて、人間的に成長したいと思います。